古代エジプトの神話や死生観を紹介 特別展「国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話」(東京都江戸東京博物館)[会期終了]

2020年11月20日

投稿:M3PRESS編集部

スポンサーリンク

特別展「国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話」

※会期終了しました。

会場入り口 編集部撮影

 特別展「国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話」が2020年11月21日(土)より東京都江戸東京博物館にて開催されます。世界有数のエジプト・コレクションを誇るベルリン国立博物館群より「天地創造の神話」をテーマに約130点の名品が展示されます。長さ4メートルを超える『タレメチュエンバステトの「死者の書」』や美しい装飾の「タイレトカプの人型木棺(外棺)」など100点以上が日本初公開となります。会期は2021年4月24日(日)まで。編集部では開催に先だって11月19日(木)に開催された報道内覧会を取材しました。

  • 記事中の写真は報道内覧会にて編集部が撮影。記事中の画像、写真、文章の引用及び転載をすべて禁止します。

展覧会のみどころ、会場のようすなど

 本展はピラミッド、ツタンカーメン、ピラミッドといった、これまでの日本のエジプト展とは見る角度を変え、エジプトの歴史やその背景にある神話といった、精神的な世界の紹介をテーマとしているのが特徴的です。

 また、会場内は映像等の一部を除き、作品を含めて自由に撮影がOKです。

編集部撮影 [写真中央] ナイルの神の像(上半部) 中王国時代・第12王朝、前1976~前1794年頃 マディーナト・アル=ファイユーム、クロコディポリスのセベク神殿 [写真奥の左右] セクメト女神座像 新王国時代・第18王朝、アメンヘテプ3世治世、前1388~前1351年頃 テーベ東岸、カルナク神殿複合体、ムウト神殿域

 展示は天地創造と神々の世界」「ファラオと宇宙の秩序」「死後の審判」の3章構成で、原初の海「ヌン」から現れたアトゥム神がこの世界を創造するプロローグから始まり、世界の滅亡から再生へのエピローグにて、再び展覧会の最初へ戻るという趣向。エジプト神話の世界観や死生観を背景とした、古代の精神世界がアニメーション演出と展示物により表現されます。

blank
編集部撮影 [写真左側] アメンエムハト3世と思われる礼拝する王の立像 中王国時代・第12王朝、アメンエムハト3世治世、前1853~前1806年頃 出土地不明
blank
編集部撮影 [写真左手前] ハトシェプスト女王のスフィンクス像(胸像) 新王国時代・第18王朝、ハトシェプスト女王治世、前1479~前1458年頃 テーベ西岸、アルディール・アル=バハリ

 オシリスは植物神であり体が緑色であるとされ、植物の再生の力がオシリス信仰の元になっています。そのため、再生復活を祈って死者を緑色に塗ることもあったということです。

blank
編集部撮影 [写真手前] タイレトカプという名の女性の人型棺・内棺 第3中間期末期~末期王朝時代初期・第25~26王朝、前746~前525年頃 テーベ西岸 [写真右] タイレトカプという名の女性の人型棺・外棺 第3中間期末期~末期王朝時代初期・第25~26王朝、前746~前525年頃 テーベ西岸 

 エピローグでは《3匹の魚とロータスを描いた麻鉢》が展示されます。これは出品リストの1番最初に掲載されているものであり、創造神がこの世界を終わらせた後でも、創造神とオシリスが再び世界を創り出す、つまりプロローグに戻るということ表現しているということです。

blank
編集部撮影 [写真中央] 3匹の魚とロータスを描いた浅鉢 新王国時代・第18王朝、前1450~前1400年頃 テーベ
スポンサーリンク

開催概要:特別展「国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話」

  • 会期:2020年11月21日(土)~2021年4月4日(日)
  • 会場:東京都江戸東京博物館 1階特別展示室
  • 開館時間:9:30~17:30 ※入館は閉館の30分まで
  • 休館日:毎週月曜日 (ただし2020年11月23日、2021年1月4日、11日、18日は開館)、11月24日(火)、12月21日(月)~1月1日(金・祝)、1月12日(火)

公式サイト

 チケット情報他、最新の情報および詳細は公式サイトをご確認ください。

  • 江戸東京博物館の展覧会ページ
blank

特別展「国立ベルリン・エジプト博物館所蔵 古代エジプト展 天地創造の神話」 - 江戸東京博物館

東京都江戸東京博物館の公式サイトです。ご来館案内、常設展、展覧会の情報や催し物情…
www.edo-tokyo-museum.or.jp