伝説の化石ハンターの探検をたどる 特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」みどころ紹介(国立科学博物館)

2022年7月6日

投稿:M3PRESS編集部

夏休みは君も冒険家に!国立科学博物館にて特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」がいよいよ7月16日に開幕します。

スポンサーリンク

化石ハンターたちの足跡を追う!この夏必見の科学展覧会

本展は、化石ハンターとして世界的に有名なロイ・チャップマン・アンドリュースが、大規模な調査隊を編成してゴビ砂漠へ探検を行った1922年から今年が100年目であることを記念した特別展。貴重な恐竜・哺乳類化石や標本をたどりながら、アンドリュースや彼の偉業を追いかけた名だたる化石ハンターたちの探検が紹介されます。

会場では、氷河時代における哺乳類の進化に関する「アウト・オブ・チベット」説の紹介や、その説を導き出す証拠となった“チベットケサイ”の全身骨格復元標本・生体復元モデルが世界初公開に。

ロイ・チャップマン・アンドリュース
(C)American Museum of Natural History – Research Library

さらに、史上最大の陸生哺乳類「パラケラテリウム」、史上最大の陸生肉食哺乳類「アンドリューサルクス」などの大迫力の標本や、次代の化石ハンターを目指す子どもたちに向けてのメッセージの展示など、この夏必見の科学展覧会となります。子どもならずとも冒険心をかきたてられる特別展。そのみどころを画像とともに徹底紹介していきます!

関連記事

blank

全長2mのチベットケサイ寝袋が10万円也!特別展「化石ハンター展」のグッズを国立科学博物館より全紹介《動画追加》

会場内ショップ 編集部撮影 国立科学博物館にて7月16日(土)に開幕した特別展「…
m3press.jp
blank

伝説の化石ハンターと冒険の旅に!特別展「化石ハンター展」会場レポ(国立科学博物館)《会場動画追加》

アンドリューサルクス 頭骨 群馬県自然史博物館 編集部撮影 国立科学博物館で開幕…
m3press.jp