GWは1時間早く開館 「しな水の危険ないきもの大集合 通(2(ツー))」 しながわ水族館に危険ないきものが大終結!

2019年2月28日

投稿:M3PRESS編集部

2019-04-12 更新*GW営業のお知らせやみどころ追加

スポンサーリンク

覚悟は、できていますカ?(すごいキャッチ!)

しながわ水族館 (東京・品川、館長:冨山昌弘) では「しな水の危険ないきもの大集合 通(2(ツー))~これであなたも危険ないきもの通~」を5月6日(月・振休)まで好評開催中です。

GWの10連休は9時から開館、 さらに危険ないきもの通になるための様々なイベントがスタート!

水族館スタッフによる危険ないきものについての解説&トークショ-「危険ないきものトーーーク」を毎日日替わりで実施。水族館の裏側へ潜入しシロワニ、ピラニアなどの水槽の秘密を探る「危険ないきもの裏方ガイド」や、ガチャ機で出てくる危険ないきものに餌やりできる体験イベント「危険ないきもの餌やり体験」、より難易度が上がったクイズラリー「腕試しデンジャラ通(2(ツー))」などいきものの生態を学べるイベントの他、ダイバーがお客様の頭上を優雅に泳ぎながらトンネル水槽内にいる生物について紹介する「水中ショー」を毎朝10時より実施します。その他、ワークショップ、シロワニの歯があたるガチャガチャなど、企画満載!詳細は公式ページをどうぞ。

世界最強の毒を持つ魚も登場!マジでやばいよ!

今回は海に限定せずに川に生息する生物まで範囲を広げるということで、危険な毒針をもった生物、食べると危険な毒を体内にもつ生物、刺されると危険なトゲをもつ生物、咬まれると危険な歯を持つ生物など約50種類が紹介されます。

blank
しな水の危険ないきもの大集合

世界最強の毒を持つ魚と言われており、刺されたら死にいたる事もある『ツノダルマオコゼ』や、集団で獲物を襲う人食いナマズ『ブルーカンディル』、身を守る為に毒液を噴射するイモリの仲間『マダラサラマンドラ』や、前回から人気の全長最大約4メートルのサメ『シロワニ』、カラフルな体色で成長しても2cmほどの大きさから可愛すぎてある意味危険!な『ダンゴウオ』などなど楽しみながら海や川には様々な危険生物がいることを学べる展示内容です。

また、期間中は小さなお子様向けのワークショップや危険生物に関するクイズラリー『腕だめしデンジャラ』を実施 する他、レストランドルフィンにて3種類の激辛ソースの『トマトのリゾット』や四川花椒と自家製辣油の   効いた『土鍋の麻婆豆腐膳』などを提供し、マリンショップシーガルではシロワニ、マダラトビエイのぬいぐるみなどを販売します。

スポンサーリンク

危険な生物がいっぱい!!

()内は危険な要素、状況により展示生物は変更になる場合があるということです。

【展示生物】スベスベマンジュウガニ(中毒)、アカザ(刺毒)、ムラサキイガイ(中毒)、オオクチイシナギ(中毒)、イガグリガニ(トゲ)、アカクラゲ(刺毒)、マダラサラマンドラ(防御毒)、アカテンコバンハゼ(防御毒)、アンボイナ(刺毒)、ツノダルマオコゼ(刺毒)、ソウシハギ(中毒)、ムカデミノウミウシ(盗刺胞)、シビレエイ(電気)、オオマルモンダコ(咬毒)、オウゴンニジギンポ(毒牙)、キハッソク(防御毒)、ブルーカンディル(咬傷)など

春の特別展 イベント概要

項目内容
タイトルしな水の危険ないきもの大集合 ~これであなたも危険ないきもの通~
開催期間2019月3月16日(土)~5月6日(月・振休)
展示場所しながわ水族館 地下1階 多目的ホール内他、館内

しながわ水族館

  • 所在地 〒140-0012 東京都品川区勝島3-2-1 しながわ区民公園内
  • 営業時間 10:00~17:00(4月27日~5月6日は9:00開館) ※最終入館は16:30
  • 休館日 火曜日(春・夏・冬休み・GW、祝日は営業)、1月1日
  • 入館料金   大人(高校生以上)1,350円、こども(小・中学生)600円、幼児(4才以上)300円、シニア(65才以上)1,200円 ※金額は全て税込

しながわ水族館のお問い合わせ先

  • しながわ水族館
  • TEL:03-3762-3433

公式WEBサイト

blank

しながわ水族館

しながわ水族館で会えるイルカ、アザラシ、サメなど沢山の仲間達を紹介します。イベン…
www.aquarium.gr.jp