「ヴィンテージライターの世界 炎と魅せるメタルワーク」展(たばこと塩の博物館)

投稿:M3PRESS編集部

たばこと塩の博物館にて、「ヴィンテージライターの世界 炎と魅せるメタルワーク」展が9月10日(土)より開催されます。
ライターの前身である様々な着火具をはじめ、ダンヒル、ロンソン、エバンスなどのメーカーが手がけた銘品や、ユニークな造形のテーブルライターなど約200点が展示されます。
また、戦後間もない時期の国産オイルライターの展示とともに、隅田川周辺地域の地場産業でもあったライター産業のあゆみも紹介されるということです。

エバンスのポケットライター (1930~50年代) アメリカ合衆国
スポンサーリンク

展示作品紹介(一部)

19世紀後半以降のさまざまな着火具の開発を経て、オイルライターの製造が本格化したのは1920年代のことです。1920年代から50年代にかけては、欧米で当時流行していたアール・デコ調のデザインを取り入れた銘品が数多く生まれました。第二次世界大戦後は、ガスライターの登場とともに大衆化が進み、日本ではライターが輸出産業として発展しました。

 雉と切り株造形ストライカー ヨーロッパ
blank
終戦直後に製造された、さまざまな造形のテーブルライター(1940年代後半) 日本
blank
 ライター付スロットマシーン 日本

リソース

開催概要

  • 展覧会名:「ヴィンテージライターの世界 炎と魅せるメタルワーク」
  • 会期:2022年9月10日(土)~12月25日(日)
  • 会場:たばこと塩の博物館 2階特別展示室
    • 東京都墨田区横川1-16-3(とうきょうスカイツリー駅から徒歩8分)
  • 開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)-
  • 休館日:月曜日(但し9月19日、10月10日は開館)、9月20日(火)、10月11日

公式サイト

blank

HOME | たばこと塩の博物館

東京都渋谷区から移転し、2015年4月25日に、墨田区にリニューアルオープンした…
www.tabashio.jp